VIO脱毛を断られる持病とは

VIOラインは大変に皮膚の弱い部分です。

また粘膜も露出していて、VIO脱毛ではとても気を遣う部分とも言いますよね。

ですから、特別な体質や病気でもない限りは脱毛を行う事ができますが、VIO脱毛が難しい持病もあるのです。

まずケロイド体質の方はNGになる事があります。
その理由はレーザー脱毛によってVIOの皮膚が傷つくと痕が残る事があるからです。

例え出力の弱いフラッシュライトでも、ケロイド体質の方を断ることがありますよ。

糖尿病患者もVIO脱毛はNG

また、重度の糖尿病患者の方もVIO脱毛はNGになります。

糖尿病が酷い時は自己免疫が弱っている事があり、小さな怪我や炎症でも深刻な壊疽を起こす可能性があるからです。

それから妊娠中の方も、胎児への影響を考えてレーザー脱毛はNGになりますし、てんかんの方も突然の発作で治療ミスを起こす危険からNGにしている所が多いですよ。

そして光アレルギーの持病のある方もNGですね。

この様に持病によるVIO脱毛のNG例を述べましたが、詳しい事は脱毛クリニックで具体的にカウンセリングを受けると良いでしょう。

先に挙げた持病でも、ケースバイケースで判断されますから、どうしてもVIOのムダ毛処理がしたい方は直接相談してみましょう。

関連記事


    安いVIO脱毛はどうするのがよい? 女性にとって面倒な問題であるVIOのムダ毛。処理の方法はいろいろありますが、多くの人が行っているのが剃刀による剃毛ではないでしょうか。 市販のT字剃刀などを使ってサ…


    てんかん患者はジェイエステで脱毛不可? ジェイエステ 脱毛のホームページによると、持病がある人への施術はできないことになっています。 ジェイエステだけでなくどのサロンでも「てんかん」の人への施術は難し…


    ムダ毛をホームケアするのは、かなり苦労するものだと思います。 普通のカミソリなら2日または3日に1回、 脱毛クリームでケアする時は2週間に一度のペースで 自分自身でケアしなくてはムダ毛が生えてきてしま…


    自分でお手入れし続けて肌にダメージが蓄積された状態になった女性は、 サロンの永久脱毛を試してみてはいかがでしょうか。 自己処理する手間が不要になり、肌質が正常に戻ります。 「ムダ毛のケアならカミソリを…


    女性の多くが美容麺の維持の為、ムダ毛に関して大きな悩みを感じていらっしゃると思います。 そんな悩みは実は男性も同じとなっているのです。 多くの男性がムダ毛の無いキレイな肌や、ヒゲが無いサッパリとした顔…