初めてのおせち作り

26歳女性、会社員です。

最近の人にしては珍しいかとは思いますが、わたしはおせち料理が好きです。

毎年お正月にしか食べられないからというのもありますが、
一品一品が綺麗で非常に丁寧に作られていて、見た目にも魅了されています。

ある年の瀬に、スーパーに出かけました。

食料品コーナーにはおせち料理が所狭しと並んでいます。

わたしも自分で購入しようと思いましたが何を買うか、
一品一品の量が多い、金額もそれなりになるし何より市販のものは甘すぎるものが多い、
という理由で悩みだしました。
そこでわたしは、自分で作ってみようかな、その方がお金浮くかもしれないし、
自分の好きなものは多く作れるし、逆にそんなに量がなくていいものは調整できるし、
と思い至りました。
そして作ることにしました。
一般的にお重に入っているメニューは全て作ることに決めて、材料を買うことに。

家に帰り、年末ということで特に用事もなく、
本当に丸1日かけておせちづくりに取り掛かりました。

作ってみた結果

本当に丸1日作るのにかかりました。

なんとなくですがおせち料理のそれぞれの作り方は把握していたので、
下ごしらえから時間を要するもの等、順序だてて取り組んだのですが、
それでもこんなに時間がかかるものだとは思っていませんでした。
ハッキリ言ってかなり疲れました。

でも全て作り終え、お重に詰めているときは本当に楽しかったです。
どんどんお重に綺麗な料理が並べられていき、
お重が埋まっていく光景は達成感や充実感が溢れてきたものです。
最終的に3重のおせちを作り、結局は一人で食べるにしては多すぎる量
になってしまったのですが、本当に完成したときは嬉しかったです。

ですが作ってみた結果、市販のおせちを買うのとそこまで値段は
変わりありませんでしたが、本当に疲れました。
そして楽しかったのは言うまでもないですが、
これをまたやろうとはどうしても思えませんでした。
なので最初で最後のおせち作りになるな、と思いました。

でも記念にはなるので、一回は行ってみてもいいかもしれません。
今でも非常に記憶に残っています。

お正月料理にいかがですか?→ かに本舗 楽天

食べてみると非常に口触りの良いワタリガニの時期は、
水温が低下してしまう晩秋から春だと言われている。
この間のメスは特別に旨いので、お届け物としても喜ばれます。

北海道原産の毛ガニ、それは、高品質のこってりと濃厚なカニ味噌がうまさの秘訣。
冷たい海があればこそ身がしっかりつきます。
トップレベルの北海道からおいしくて低価格のものを産地直送で送ってもらうなら
通販が一押しです。

日本でとれる本ズワイガニの方が、かなり絶品な上にデリケートで、
高級料理で使用されている大ズワイガニの方は、特徴ある淡白な身が大ぶりなため、
気合を入れて食する時には評判が良いようです。

冬の贅沢、たまには家族で活きのいいズワイガニはどうでしょうか?
外へ食べに行ったり現地に行ったとしてみれば、ネットの通販であれば安いお得ですよ。
楽しめますよ。

コクのあるタラバガニを味わうためには、店舗選びが肝心だと思います。
カニを茹でる順序は複雑であるため、かに専門店の熟練の職人さんが、
茹で上げたカニを味わいたいと思うでしょうね。

最近は、カニ好きな人の間でなんと「花咲ガニ」が注目度急上昇しています。
おおよそ8割もの花咲ガニの水揚産地である根室まで、新鮮な花咲ガニを味わおう
という団体ツアーもあるのです。

自宅から鮮度の高いズワイガニをお取り寄せできるっていうの、手軽でいいですよね。
通販のネットショップであるなら、他で買うより安くお取り寄せできることが
かなりの頻度であります。

ワタリガニとなると、甲羅に強度がありずっしりとくる身のものが比較する時の重要な点。
塩ゆでしても美味いが、香ばしく焼いても美味しい。
風味が強い身は味噌汁にぴったりだ。

ずばり、かにめしの本家として名高い北海道の長万部で水揚される毛ガニこそが、
北海道産毛ガニのトップレベルなのです。
通販の毛ガニの新鮮な味を噛み締めてください。

希少なカニとして著名な花咲ガニの風味。
好きか嫌いかがきっぱりとしている個性的なカニではありますが、関心を持った方は、
まず、実際に吟味してみては?

話題の毛ガニ通販ですが、日本人としては経験してみたいもの。
新年にファミリーで舌鼓を打ったり、凍るような日にあたたかいカニ鍋を仲良くつつくのも
やはり日本ならではなのでしょう。

特徴ある毛ガニは、産地の北海道では高評価のカニの一種です。
胴体に一杯詰まっている身や甲羅部分いっぱいのカニみそを、
是が非でも盛りだくさん賞味して下さい。

美味しい食材が取れる北海道の毛ガニの口当たりの良い旨み、豊潤な蟹味噌の味と、
贅沢な舌触りに満足感を得た後の終わりは、何と言っても甲羅酒を味わいましょう。
毛ガニはどんな調理法でも大満足です。

加工せずに食しても堪能できる花咲ガニではございますが、大まかに切って、
味噌汁でいただくのもいけます。
北海道ではみんな、カニで作った味噌汁を通称「鉄砲汁」といいます。

根室が産地として名高い花咲ガニですが、北海道の東側で生殖するカニで
日本中で多くのファンもいるほど人気の蟹です。
ねっとりと濃厚な味わいが素晴らしい水から揚がってすぐ浜茹でにされた
噛むとプリプリとした肉は極上です。

関連記事

    None Found